ネットオークションとの比較

ネットオークションとの比較

ネットオークションとの比較

ブランド宅配買取と、ネットオークションとの比較をしていみます。

ブランド宅配買取の場合は、ネットで簡単な記入をして依頼すると、ダンボール等が届くので、
必要事項を記入して免許証などのコピーと売りたいブランド品を一緒に発送します。
集荷に来てくれますので、どこかに出向く必要はありません。

中古ブランド品を業者に販売するには、身分証が必要です。
自宅にコピー機やスキャナー、プリンターのいずれかがなければ、
コンビニに身分証をコピーしに行く必要はあります。

ブランド品を発送すると、翌日か翌々日には到着し、
すぐに査定額の連絡が来ると思います。売り手がオーケーすれば、
すぐにでも現金が口座に振り込まれます。

とても簡単な流れですね。

ネットオークションの場合、自分で販売する場合と、
出品代行業者に委託する方法もあります。

自分で出品する場合は、商品の画像を何枚か準備します。
他の類似商品を出品している方の真似をしたり、文章を考えて出品します。
売れたら、1点、1点、落札者とやり取りして配送します。

配送方法も自分で選択肢を落札者に提案したりと色々手間があります。
また、配送する際にどれくらいのダンボールに入って荷物の重さはいくらか、
量って送料を割り出す必要もあります。

梱包する際は、自分で緩衝材を用意しておかないといけません。
システム利用料や、落札手数料を支払う必要があります。

慣れていれば、自分の持っているブランド品の相場を調べたり、
安く売れてしまわないような工夫ができます。
しかし、慣れていなかったり、忙しい場合は煩わしくなるかも知れません。

希望価格に満たない場合は、売れるまでに数週間かかる場合もあります。
ブランド宅配買取と比べると、時間や手間がかかります。

ネットオークションの場合、中間マージンが無いので、
思ったより高く売れる場合もあります。

しかし、自分が作業した時間を労働と考えれば、
宅配でサッと売ってしまったほうが便利で楽だと考えられます。
ネットオークションの代行業者も、割高な手数料が発生しますし、
すぐに売り切ることができない場合もあります。

ホーム RSS購読 サイトマップ